Group show : ‘HAPPY PEOPLE’

Published by Admin Night Out Gallery on

Night Out Gallery is happy to present to you its first group show of the year “HAPPY PEOPLE”.
It will feature the talented artists : Cédric Pierre-Bez, EMU, Fragile, Keiko Aikawa, KAI, Lotta, Mai Nagamoto and Motas.
The exhibition will be from the 23rd of March to the 14th of April 2024.
The reception party will be on the 23rd from 6pm to 9pm.

Happy People is the new group show that bundles personified art through original characters that are branding each artist individually. This exhibition is inspired by Japanese manga and foreign vintage comics. It broadcasts a wide variety of Post-Pop art in the heart of Tokyo, at Night Out Gallery, from the 23rd of March 2024.

Happy Peopleは、各アーティストが個々にブランディングしたオリジナルキャラクターを通して、擬人化されたアートを束ねる新しいグループ展です。この展覧会は、日本のマンガや海外のヴィンテージ・コミックにインスパイアされています。2024年3月23日から東京の中心、ナイトアウトギャラリーで開催される。

ABOUT :

Cédric Pierre-Bez :
He’s a French illustrator and painter born in 1984 in Marseille. After he graduated as a graphic designer, he decided to devote himself to illustration under the name CÉPÉ. He transcribes in his work the light and colors of the south of France which is his main source of inspiration. His creations are nourished by the graphic influences of the 20th century artists, like cubists and expressionists. In his compositions, he disassembles space, bodies, and faces to create a distorted and naive world.

EMU :
After working as a graphic designer, he started working as an artist in 2016. By upcycling wood scraps from shipyards that would otherwise be thrown away, he creates sculptures and paintings with particular attention to form. 

Fragile :
The subjects in Fragile’s paintings have balloon bodies and, as the name implies, are depicted as very fragile. They are living in a very precarious balance, between life and death, even though the round shape of the balloons makes them just look cute at first glance. Her paintings are influenced by the Pop Art Postmodernism of the 80s, especially by Jeff Koons. Through the production process, the artist discusses the repetitive consumption of life by humans nowadays.

Keiko Aikawa :
She was born in Niigata Prefecture in 1989, she graduated from Nagaoka Zokei University in the Department of Visual Design. She draws what she feels every day in her sketchbook through collage and oil painting. 

KAI :
Kai’s paintings take you on a surreal journey through a realm of black and white. His signature monsters evolve into shadowy guides, leading you through a series of interconnected universes. The boundaries between reality and the unknown blur, inviting you to craft your unique narrative and interpret the fluid, inky silhouettes that define Kai’s universe.

Lotta :
She is a self-taught painter born in 1993 and based in Tokyo. In 2020, Lotta created her original character, Socks, a ghost cat. Socks has now become a significant figure within her works, embodying the stories living in Lotta’s head and sometimes becoming a self-portrait projecting Lotta herself. Lotta has been strongly influenced by Western cartoons and Japanese animation she watched in her childhood which leads to her current style of drawing and painting that creates the impression of nostalgia that many people can empathize with.

Mai Nagamoto :
She is a self-taught artist, she has been painting ever since she was a child. Her works express the innocence that we all had as children, and the gloom that appears in the corners of our minds as we grow older, using pop colors and contrasting deep, dark colors and shapes. 

Motas :
MOTAS is a Japanese duo born in 2012. Its two members, BOYA and TOMO, reside and work in Japan. Captured in various scenarios, BLEYE, their omnipresent character, takes the form of both a person and a hand, navigating a bustling everyday family life infused with elements of dreams and melancholy. Despite this, the character constantly faces the presence of a perpetually raised middle finger, symbolizing the burdens we all carry.

 

Cédric Pierre-Bez :
モンペリエ在住のフランス人イラストレーター、画家。1984年マルセイユ生まれ。
ケッジ・スクール・オブ・デザインをグラフィックデザイナーとして卒業後、イラストレーションに専念することを決意し、フリーランスとしてCÉPÉという名前で活動している。
“マルセイユで育った私は、南の光と色を作品に反映させています。マルセイユは私のインスピレーションの源であり、そこから創造的なエネルギーを得ています。私の創作は、私に最も影響を与えたグラフィックや、主にキュビスムや表現主義といった20世紀の偉大な芸術の流れによって育まれています。私の作品では、歪んだ素朴な世界を想像するために、空間、身体、顔を破壊するのが好きだ。私は登場人物の不完全さを昇華させ、それを際立たせるのが好きだ。日常生活のシーンやヌードは、今でも私のお気に入りの被写体です。”

EMU :
グラフィックデザイナーとして働いた後、2016年からアーティストとして活動を開始。
捨てられてしまう造船所の端材をアップサイクルすることで、フォルムにこだわった彫刻や絵画を制作し、日本のみならず海外でも発表している。NIKE、ポケモン、Netflixなどとのコラボレーションも多い。

Fragile :
Fragileの絵の被写体は風船のような体をしていて、その名の通りとても壊れやすいものとして描かれている。風船の丸い形が一見かわいらしく見えるだけで、彼らは生と死の狭間で非常に不安定なバランスを保ちながら生きている。彼女の絵画は、80年代のポップアート・ポストモダニズム、特にジェフ・クーンズに影響を受けている。制作過程を通して、現代人が繰り返し消費する生命について論じている。

相川恵子 :
1989年新潟県生まれ。長岡造形大学視覚デザイン学科卒業。日々感じたことをスケッチブックにコラージュや油絵で描く。

KAI : 
アーティスト・ペインター。2021年末に独学でペイントを開始。2022年ドバイのグループ展にてデビュー後、ロンドンにて初個展を開催。
東京をはじめソウル、北京、上海、台湾などアジア各国のアートフェアや展示に参加。

Lotta :
1993年生まれ 。東京を拠点に独学で絵を学ぶ。2020年、オリジナルキャラクター “ソックス “を制作。ロッタの頭の中にある物語を具現化し、時にはロッタ自身を投影した自画像にもなる。ロッタは幼少期に見た西洋の漫画や日本のアニメに強い影響を受けており、それが現在の”懐かしい”という印象を与えるドローイングやペインティングのスタイルに繋がっている。

ナガモトマイ :
幼い頃から絵を描くことが大好きで、独学で絵を学ぶ。ポップな色彩と対照的な深く暗い色彩と造形で、子供の頃に誰もが持っていた無邪気さと、大人になるにつれて心の片隅に現れる憂鬱さを表現する。国内外のギャラリーやイベントで個展を開催。

MOTAS(モータス):
1980年生まれ。”MOTAS “は日本発のアート集団で、2012年より活動を開始。メンバーのBOYAとTOMOは日本在住。BLEYEと呼ばれるシンプルでカートゥーンのような形をしたキャラクターを中心に、キャンバスだけでなく、壁画やスケートボード、衣服など様々なオブジェを通して彼らのクリエイティビティを表現している。日常から非日常まで、さまざまなシーンを切り取ったBLEYEは、人と手の両方の姿を持ち、夢と哀愁の要素を織り交ぜた賑やかな家族の日常を行き来する。にもかかわらず、BLEYE は常に中指を立てている。MOTASは、一人の圧倒された大人の旅を通して、愛、家族、友情、悲しみ、喜びといった、人間の条件の永遠の基盤を芸術的に描いている。

Dates : 03/23 – 04/14
  • Monday to Sunday from 1pm to 7pm
  • Opening party : 03/23 from 6pm to 9pm
  • Closed on Tuesday and Wednesday

Night Out Gallery
150-0001 Shibuya City, Jingumae, 3−42−7  Aoyama Taiyo Building 3F 301

ナイトアウトギャラリー
東京都渋谷区神宮前3丁目42-7 青山太洋ビル3F 301号室